耳科|和歌山県の動物病院なら、橋本市だけでなく、奈良県五條市からもご来院いただいている薮添動物病院までお気軽にお越しください。

  • 0736342430
  • [月~土] 9:00~12:00 / 16:00~19:00 (土曜は午前のみ)
    [休診日] 土曜午後、日曜、祝日

耳科

外耳炎治療について

外耳炎は犬で非常に多い病気で、多くのペットや飼い主様を苦しめています。
軽度であれば通常の耳洗浄と点耳薬で収まりますが、重症のペットは治療が困難な場合があります。

洗浄を行ってもすぐ耳垢が溜まり、かゆみや痛みが改善しない事もあります。このような場合、耳だけの問題ではなく体質(アトピー性皮膚炎)が関係している事があります。
そのため、他に原因がないかを詳しく検査する必要があります。
また、通常の洗浄では、鼓膜付近の汚れは取れず、細菌増殖の温床となるため、炎症の原因が残ったままの場合があります。

そのために症状によっては、全身麻酔をかけて耳の内視鏡(ビデオオトスコープ)を使用しなければ洗浄や検査を行えないこともあり、当院では耳の内視鏡を導入しました。
この機械による洗浄で炎症の原因となっている耳垢や毛、草などの異物を除去する事ができ、現在のところ非常に効果があると感じています。

今までの治療であまりよくならないペットは内視鏡による治療をお勧めします。尚、この治療および検査には全身麻酔をかける必要があるため、事前に血液検査を行い、麻酔への問題がないか確認します。
重症のペットでは1回の治療だけで良くならない場合があり、定期的に内視鏡の洗浄を行うことで良い耳の状態を保っていく必要があります。

外耳炎が疑われる症状

  • 耳が腫れる

  • 耳垢が多い

  • 耳を触るのを嫌がる

  • 頭を激しく振る行為をする

  • 耳をよく掻く

  • 頭を片側に傾けている

外耳炎になりやすい犬の種類

たれ耳の犬
(通気が悪い)
ビーグル
ペキニーズ
コッカースパニエル
耳道がせまい・耳にしわが多い犬
(耳垢がたまりやすい)
フレンチ・ブルドッグ
パグ
プードル など
フケが出やすい犬
(耳垢も多い)
ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア
ジャーマン・シェパード
ダックスフント など
耳の中に毛が生えている犬
(通気が悪い)
コッカースパニエル
ヨークシャーテリア
マルチーズ
プードル など
アトピー体質の犬
(外耳炎は皮膚病)
柴犬
シーズー
レトリーバー
ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア など

外耳炎かな?と思ったら

耳垢が多い、においが強くなった、頭を良く振るなどの症状に気づいたら、触りすぎたり、耳のそうじをせずに受診してください。
早期発見、早期治療が外耳炎をこじらさせない最も最善の方法です。
※外耳炎の治療は、開始してから完治するまでは中断せずに通院することが最も重要です。

ページトップへ戻る