診療案内|和歌山県の動物病院なら、橋本市だけでなく、奈良県五條市からもご来院いただいている薮添動物病院までお気軽にお越しください。

  • 0736342430
  • [月~土] 9:00~12:00 / 16:00~19:00 (土曜は午前のみ)
    [休診日] 土曜午後、日曜、祝日

診療案内

診療対象動物

  • うさぎ

  • その他の動物

犬・猫だけでなく、うさぎ・ハムスター・フェレット・モルモットなどのエキゾチックアニマル、および小鳥の診療をおこなっております。
当院では、対応できない動物種(爬虫類など)もいますので、ご来院いただく前にお電話でご相談ください。

診療時間

診療項目

内科

地域の皆さまに利用していただける動物病院として、全般的な内科診療を行っています。
内科とは、手術をせずに治療を行っていく医療分野です。
病院の医療では、消化器内科、循環器内科など、対象となる臓器ごとに専門科が分けられており、それらの領域以外をカバーする診療科として一般内科が存在していますが、動物の場合、症状を自分自身で訴えることができません。そのため、各箇所の専門内科ではなく総合内科として、診察して原因を突きとめていくのです。
その後、症状に合わせて適正な治療を行っていきます。

外科

当院では一般的な手術を実施することが可能で、電気メス、超音波凝固切開装置( OLYMPUS社製ソノサージ)、半導体レーザーなどの手術機器を使用しています。
また、当院は手術を丁寧におこないきれいに仕上げるだけではなく、手術後の疼痛への対応やアフターケアも最後まで責任を持って取り組ませていただきますのでお任せください。
内視鏡や半導体レーザー治療器の導入など設備も充実しており、高度な外科手術(特殊な整形外科を除く)にも対応していることに加え、動物目線の動物に優しい外科手術を心がけており、飼い主様からもご高評をいただいております。
和歌山県橋本市をはじめ、その近辺にお住まいの方々は、ぜひ当院へご相談ください。

眼科

犬や猫の動物でも、ドライアイ・緑内障・白内障・角膜潰瘍などの眼病を引き起こします。
眼の病気に限ったことではありませんが、会話のできない動物の場合、病気の発見が遅れ重症になってしまうことも大いに考えられます。
ただ目が赤いだけでも、動物の場合はさまざまな病気の可能性があり、正確な検査と適切な治療が必要になります。
当院では白内障の手術はできませんが、専門医へ紹介をさせていただいています。

整形外科

整形外科では、骨や関節の病気を診療しています。
びっこをひく、足や腰を痛がるなどの症状があれば身体検査を行った後にレントゲン検査などを実施し原因を探していきます。
治療は内科治療と外科治療の2つに分かれます。内科治療とは鎮痛薬の投与、関節を修復させる注射薬、レーザー治療、サプリメントなどを使用します。
特にレーザー治療は慢性疾患には効果的で負担がかからない治療でおすすめです。
外科治療は骨折などの手術が代表的です。特殊な手術はCTやMRIの検査が必要な場合もあり、専門医への紹介もさせていただいています。

皮膚科

皮膚をかゆがる、赤くなったり、ぶつぶつができている、かさぶたやふけが多い、脱毛しているなどの症状があれば皮膚病の可能性があります。しっかり検査をして原因を突き止め、適切な治療が必要となります。
院長が皮膚科認定医であるため、なかなか治療がうまくいかない場合などは院長が診察します。また、他の獣医師が診察した場合も院長と相談しながら治療を進めていくためご安心ください。

皮膚科診療の流れはこちら

耳科

耳をかゆがる、耳垢が多い、耳介が膨れているなどの場合は耳の病気の可能性があります。外耳炎、中耳炎、内耳炎、耳血腫などが耳の病気です。特に外耳炎は犬では非常に多い病気で、アトピー性皮膚炎などの皮膚病と合併して起きる場合が多いです。重症でなければ耳道洗浄、点耳薬、飲み薬などで治療が可能ですが、重症だと強い痛みを伴う場合や中耳炎になっていることがあるので検査と治療を全身麻酔で行う必要があります。その場合はビデオオトスコープという耳の内視鏡を使用します。

耳科・ビデオオトスコープはこちら

来院時の注意点

待合室では、動物を離さないようにお願いします。
犬はリードをつけて短く持つ、猫はキャリーケースなどに入れるようお願いします。
猫を段ボールに入れてくることはやめてください。ほぼ逃げられます。

ページトップへ戻る